住宅ローン諸費用相談

住宅ローンにかかる諸費用とは?

金利タイプ
意外にかかる、さまざまな諸費用

住宅ローンを組む時にかかる費用は、住宅購入費だけではありません。

金融機関に住宅ローン相談に行くと、必要な諸費用は教えてもらえますが、より早く、より確実に審査に通るためにも、ここで知識を身に付けておきましょう。

(保証料)
住宅ローンの借り入れは何千万もの高額になるので、銀行は保証人を必要とします。

この保証人の役割をするのが保証会社で、申し込み人の年数、勤務先、勤続年数、他社からの借り入れ額などを総合的に判断して、問題ないと判断したら、ローンの支払期間、保証人となります。

この保証会社に対して支払うのが「保証料」で、ローンの借り入れ額や支払い期間にもよりますが、4~60万円ぐらいかかります。

(団体信用生命保険料)
申し込み者が将来的に、健康を害して仕事ができなくなり、住宅ローンの支払いができなくなった時に補償してくれるのが、「団体信用生命保険」です。

こちらも、ローンの支払い期間中、加入し続けることになります。

必要な諸費用は、住宅購入費の1割が目安
諸費用は、このほかにもさまざまな費用が掛かり、およそ住宅購入費の1割ぐらいかかります。

(事務手数料)
銀行や信用金庫などで発生する、書類作成、審査などの事務手数料です。

(火災保険料)
住宅が火災にあったときに補償してもらうための、加入必須の保険です。

(司法書士手数料)
住宅ローン審査が通って、住宅会社から住宅の受け渡しが行われる時、その手続きや登記手続きでかかる費用です。

住宅ローン相談で選ぶ銀行ランキング!2018年8月更新

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査は最短即日回答のスピード審査
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印
じぶん銀行申し込みボタン



住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 金利が安く顧客満足度が高い
  • 申込みか契約まで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印
住信SBIネット銀行申し込みボタン



楽天銀行フラット35
  • フラット35最低金利・最安手数料
  • 諸費用が安くトータルの返済額が少ない
  • 来店不要・ネットで完結
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • 事務手数料1.05%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済手数料無料・10万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印
楽天銀行申し込みボタン



イオン銀行住宅ローン
  • イオングループのの買い物が毎日5%OFFに
  • 専門スタッフが相談からサポート
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 保証料・繰上返済手数料無料
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 団信保険料・8疾病保険料が本人負担
スペック表
矢印
イオン銀行申し込みボタン