住宅ローン相談配偶者

配偶者の借金で住宅ローン審査に落ちる?

配偶者
個人情報の調査範囲は申し込み者まで

住宅ローンの申し込みにおいて、申し込み者の返済能力は非常に重要であると記しました。

返済能力に関しては、年収が高ければいいというものではなく、他社からの借り入れ額も大きく影響してきます。

たとえば、年収が500万円、生活費などを除いた残額が100万円ぐらいだったとして、既存の借り入れの返済額が50万円あったら、毎年支払える住宅ローンの額は50万円となります。

この額では、借り入れする額にもよりますが、30年かかっても住宅ローンは完済できません。

金融機関や保証会社では、こうした点を厳密にチェックして、申し込み者が安全に住宅ローンを返済できるか計算します。

その際、本人が申告した他社からの借り入れ額に相違がないか、信用情報機関に照会を行ないます。

ただし、ここでチェックされるのは申し込み者本人の、他社からの借り入れ状況のみです。

共同名義の場合は、両者の情報が調査される
住宅ローンは、配偶者や親、兄弟の収入と合わせて申し込むことができます。

この方法を「共同名義」といい、年収の扱いが多くなるので、住宅ローンで借り入れできる額が多くなったり、一人の申し込みでは審査に通りそうにない状況でも、共同名義になることで、審査に通過することがあります。

共同名義の場合は、一緒に申し込む配偶者などの信用情報もチェックされるので、配偶者に多額の借り入れがあると、審査に通過する確率は下がってしまいます。

こうした点は、住宅ローン相談でも教えてくれることがありますが、相談に行く前から知識として身に付けておいて、事前審査までに完済しておくことで、銀行の心象をよくすることができます!

住宅ローン相談で選ぶ銀行ランキング!2018年8月更新

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査は最短即日回答のスピード審査
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印
じぶん銀行申し込みボタン



住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 金利が安く顧客満足度が高い
  • 申込みか契約まで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印
住信SBIネット銀行申し込みボタン



楽天銀行フラット35
  • フラット35最低金利・最安手数料
  • 諸費用が安くトータルの返済額が少ない
  • 来店不要・ネットで完結
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • 事務手数料1.05%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済手数料無料・10万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印
楽天銀行申し込みボタン



イオン銀行住宅ローン
  • イオングループのの買い物が毎日5%OFFに
  • 専門スタッフが相談からサポート
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 保証料・繰上返済手数料無料
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 団信保険料・8疾病保険料が本人負担
スペック表
矢印
イオン銀行申し込みボタン