住宅ローン生命保険相談

住宅ローンは生命保険加入が必須?

保険
病気やケガで住宅ローンが払えなくなったら?

今は健康状態が良好の人でも、年をとるにつれて、病気にかかる可能性は高まりますし、3大疾病などにかかる可能性も高まります。

また、ケガに遭う可能性は常に付きまといますし、それが原因で仕事ができなくなり、収入がなくなる可能性があります。

こんなトラブルに備えて住宅ローンを組む時は、ほとんどの金融機関で、こうした病気に罹ったりケガをした時に、住宅ローンの支払いを補償してくれる保険、「団体信用生命保険」に加入することを必須条件にしています。

この団体信用生命保険は、保険金の受取人は銀行になっており、保険の種類によってさまざまなサポートが受けられるようになっています。

たとえば、がんや心筋梗塞、脳卒中といった3大疾病のみならず、高血圧症や糖尿尿などといった8疾病が補償の対象になる保険もあります。

団体信用生命保険は、住宅ローン支払い期間中はずっと加入していることになります。

団体信用生命保険に加入できない人もいる?
団体信用生命保険に加入するには、健康告知は必須で、医師の診断書が必要になることもあります。

一般の医療保険や生命保険と同じで、過去に大きな病気をしていたり、ケガをしていたりすると、それが再発する可能性があると判断されて、保険会社に加入を断られることもあります。

こうなると、他の項目は問題なくても、住宅ローンの申し込みができなくなります。

住宅ローン相談に行って、団体信用生命保険に加入できないかもしれない、などと言われた方は、この保険への加入を必須としない、フラット35に申し込むという方法を検討してみましょう!

住宅ローン相談で選ぶ銀行ランキング!2018年8月更新

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査は最短即日回答のスピード審査
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印
じぶん銀行申し込みボタン



住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 金利が安く顧客満足度が高い
  • 申込みか契約まで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印
住信SBIネット銀行申し込みボタン



楽天銀行フラット35
  • フラット35最低金利・最安手数料
  • 諸費用が安くトータルの返済額が少ない
  • 来店不要・ネットで完結
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • 事務手数料1.05%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済手数料無料・10万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印
楽天銀行申し込みボタン



イオン銀行住宅ローン
  • イオングループのの買い物が毎日5%OFFに
  • 専門スタッフが相談からサポート
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 保証料・繰上返済手数料無料
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 団信保険料・8疾病保険料が本人負担
スペック表
矢印
イオン銀行申し込みボタン