住宅ローンの無料相談の申し込みは?

住宅ローンの無料相談の方法は?

口コミイメージ

長年住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

 

そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。

 

繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。

 

繰り上げ返済をすれば、ローン元金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。

 

借入額が減る。

 

という事は、月々の返済額も減る。

 

という事です。

 

繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。

 

最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

 

ただ第三者であるアドバイザーの意見を聞いてから、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

 

消費者である私達はこれから先も金利を払う義務があるので、わざわざ有料で住宅ローンの相談をしたくないという方が多いです。

 

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、プロの意見を無料で聞く事が出来るので便利です。

 

まずは自分でもいくつか下調べをしてみると良いですね。

 

近い将来、住宅ローンを組んで家を購入される方は手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

 

今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。

 

利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、実は事務手数料や保証料といった細かな金額を合わせてみたら、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。

 

この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、全て計算してから考えてみるべきなのです。

 

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところではそれ以外で費用がかかる事もあるのでしっかり確認しましょう。

 

住宅ローン無料相談のよくあるポイントとして金利に関する相談があります。

 

住宅ローンの金利というのは大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。

 

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。

 

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

 

また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。

 

と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。

 

固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

 

念願のマイホームの購入をしたいが、高くて買えないそんな方にお勧めなのが中古物件の住宅ローンです。

 

けれども、確認すべき注意事項がいくつかあります。

 

一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。

 

理由として、年数が経過しているために安全性が問われ出来るだけ早く返済をしなければならないのです。

 

良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。

 

改装して綺麗にしたいという場合には、そのお金も合わせてどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

 

マイホームの購入を考えた時住まいの融資を申し込む人がたくさんいると思います。

 

銀行や信用金庫などから申し込みができるのでせっかくなら評判を気にして選びたいところです。

 

そんな時は口コミサイトが役立ちます。

 

サイトでは、資金に関することのほかお客様に対する接客態度やお店が感じ良いかどうかまで細かい所まで観察し、自分が思った事とその良さを星の数で示している場合もあるのでより良い契約にしたいと思っている方にとって貴重、かつ良い参考になると思います。

 

住宅を購入する際には頭金が必要です。

 

良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

 

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

 

月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。

 

頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

 

マイホームを現金一括で購入する。

 

この様なパターンは、あまり多くありません。

 

たいていの方は、銀行などから借金として住宅ローン相談を申し込むのが普通です。

 

周りで借金を返している人の話を聞くと支払に関する答えが多いです。

 

ローンは長い間支払いをし続けなければいけません。

 

支払の間は、金利や景気の状況も左右してきますししかも、突然いろいろなことが起こるのが人生なので病気や事故にあう事だってあり得ます。

 

ですので、リスクも考えつつ購入を考えてください。